映画「1917 命をかけた伝令」あらすじ&感想 英国版カメラを止めるな !

1917

映画「1917 命をかけた伝令」の監督は「007 スカイフォール」のサム・メンデス。

Story(ネタバレ)

時は1917年。
第一次世界大戦。

敵国のドイツが、後退するフリをして、実は総攻撃を企てていることが判明。
しかし、通信回線は敵国により破壊されていた。

そこで、戦地にいたイギリスの上等兵2名に対し、前線にいる部隊に攻撃中止命令を伝令するという特別なミッションが下る。

上等兵の1名の兄は、その前線の部隊の軍人。
急がないと兄が戦死してしまう。
2名は決死の覚悟で伝令に向かう。

伝令の途中、ドイツ軍の航空機の墜落に出くわし、敵国であるものの、パイロットを救助。
ところが前線の部隊に兄がいる方の上等兵は、そのパイロットに刺殺されてしまう。

死んだ友の兄と家族への思いを背負い、残された上等兵は前線へと走る。
走る。走る。走る。転ぶ。走る。走る。走る。

全編ワンカットの衝撃

この映画の最大の特徴は「全編ワンカット」。
最初から最後まで1台のカメラで、途切れることなく、上等兵2名を追いかける。

もちろん、全編ワンカットに見えるだけで、実際は、上手く編集で繋いでいるだけなのだろう。
だとしても凄い。

非常にシンプルなストーリーなのだが、最初から最後まで緊張感が途切れることはない。
明確で明快な目的を持って駆け抜ける人間の姿は美しい。

戦争映画であるだけに、不謹慎と知りつつも、この上等兵に、うらやましささえ感じた。
私も、命を懸けて走りぬいてみたい。
しかし、この平和な世の中では、命をかける場面も、命をかける価値も見いだせない・・・。

もしかしたら、画面酔いするのではないかと思っていたが、全くそんことはない。
全編ワンカットの没入感は映画館でしか味わえない特別な体験。
おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です