精神科医が見つけた3つの幸福

【人生初単身赴任生活283日目】令和3年3月3日
 朝、ジムで筋トレ。
 最近、壊れていた職場の暖房が復旧した。

 復旧したのはいいが、暑くて集中できない。
 職場は、少し寒いくらいが一番いいんだけど。。。

 夜、帰宅後のわずかな時間を使って、プラモデル塗装。
 徐々に準備が早くなっているのが分かる。
 塗装が乾いたら、随分前に買った水転写式シールを貼りたい。

 そういえば、精神科医の樺沢紫苑先生が3月16日に本を出す。
 「精神科医が見つけた3つの幸福」

 私も学生時代に哲学を勉強したが、哲学とはニアリーイコール幸福論だと言ってもいい。

 樺沢先生が書いた本は哲学的なアプローチではなく、脳科学的な切り口で書かれている。

 先生曰く、幸せとは3つの脳内物質「セロトニン」「オキシトシン」「ドーパミン」が分泌していることをいう。

 この3つの物質の分泌方法が書かれているのが本書。

 読まなくても中身はだいたい分かるのだが、とりあえず買っておこう。
 間違いなく、恒例の感想文キャンペーンがあるので、これに応募しよう。
 これまで2回応募して、いずれも優秀賞だったが、今度こそ最優秀を狙おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です