産経新聞論説委員の阿比留瑠比さんの野党批判

【人生初単身赴任生活237日目】令和3年1月15日
 今日も今日とて坐骨神経痛。
 夜、痛くて良く眠れない。
 それでもジムに行って運動。

 私がいつも見ている月刊WillのYoutubeチャンネルに産経新聞論説委員の阿比留瑠比(あびるるい)さんがゲスト出演していた。
 阿比留さんは産経新聞の木曜日に定期コラム「極言御免」を書いていて、毎回、面白い。

 今回のインタビューは野党(リベラル派)の話。
 前にも書いたが、今や保守VSリベラルというよりは、リアリストVSドリーマー(DR対決)となっている。

 DR対決の構造は今に始まったことではなく、その主義を見ればDRにならざるを得ないのだ。
 保守とは自国の歴史と伝統を保守する。

 それって当たり前。
 その国に生まれ育ったというリアルがあるのだから、それを受け入れて生きていくのがリアリスト。

 一方、自国の歴史と伝統から何とか逃れたい、自由になりたいとするのがリベラル。
 そんなものは夢。
 自由になれるわけがない。

 そしてリベラル派は多様性を唱えながら、多様性を認めないのも特徴。
 決して夢を忘れてはいけないが、現実に生きているのだから、現実的に生きていきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です