バカの使い方「バカはおだてりゃ木に登る!」「バカとハサミは使いよう!」「バカは死ななきゃ治らない!」

この世で一番強いのはバカである。 自分がやっていることを客観視することができず、常に正しいと思い込んで恥じることが無い。 そして、こんなバカは、どんなところにもいる。 私は転勤族で、2,3年に一度は職場を変えるが、勤続2…

繊細さん(HPS)は繊細のままでいい!「繊細さんの本」内容紹介&レビュー

ベストセラー「繊細さんの本」がkindel unlimited(読み放題)の対象になっていたのでダウンロード。 「繊細さん」とはHSP(Highly Sensitive Person)な人のことで、生まれつき「非常に感受…

報酬はモチベーションを低下させる 「アンダーマイニング現象」

「アンダーマイニング現象」とは人の行動に対し報酬を与えるとモチベーションが低下する現象。 人の行動には面白さを感じて行動する「内発的動機づけ」と、報酬をえるために行動する「外発的動機づけ」の2種類がある。 当初、内発的動…

映画「BLUE(ブルー)」あらすじ&レビュー 報われない努力の価値

映画「BLUE」はボクシング映画。 タイトルのBLUE(ブルー)は、ボクシングにおける挑戦者側の「青コーナー」からきている。 メインキャストは松山ケンイチ・柄本時生・東出昌大。 【Story(あらすじ)】 1勝10敗のプ…

集団の意見が必ず間違った選択をする理由 集団的浅慮に至る心理

個人の意見に比べ、集団の意見は、一見より安全で無難な決定になりやすいと思われがちだが、実際はリスキーなことが多いという。 これを「リスキー・シフト」と呼ぶ。 また、リスキーなだけでなく、集団が誤った判断をする場合もある。…

ナチスのホロコースト・中国共産党のジェノサイドを実行する人の心理とは?

私は以前からナチスのユダヤ人へのホロコーストや、中国共産党のウイグルへのジェノサイドなど、何故、これほどの残忍な行為を組織的に実行できるのか不思議でならなかった。 地球には何十億の人間がいるのだから、中には残忍な行為をす…

インプット仕事とアウトプット仕事 AI時代に勝ち残る力

【人生初単身赴任生活324日目】4/13  朝、「3つの幸福」の感想をブログにアップ。  以前にも書いたとおり、「3つの幸福」感想キャンペーンに応募する予定。  応募〆切まで残り4日。  ブログにアップした記事をそのまま…

樺沢紫苑著「精神科医が見つけた3つの幸福」感想 私の人生と脳内物質

幸福と3つの脳内物質 精神科医でベストセラー作家の樺沢紫苑(かばさわ しおん)先生が、令和3年3月16日に幸福に関する本を上梓されました。 タイトルは「精神科医が見つけた3つの幸福」。 幸福論といえば哲学を思い浮かべます…

最も無駄なお金の使い方は「貯金」 樺沢紫苑著「3つの幸福」

樺沢紫苑先生の「3つの幸福」を読み上げた。 これまで第6章まで紹介したが、最終章である第7章「人生が変わる『お金』『遊び』『食』の習慣」のポイントを紹介。 まずはお金の話し。 「お金の所持量が多いほど幸せになるのではなく…

オキシトシンとドーパミンを出す方法 樺沢紫苑「3つ幸福」第5・6章

樺沢紫苑先生の「3つの幸福」を第6章まで読んだ。 5章と6章のポイントをご紹介。(4章までは以前書いた。) 第5章は幸福物質「オキシトシン」の話し。 オキシトシンを出すもっとも簡単な方法はパートナーとのスキンシップ(ハグ…