映画「プラダを着た悪魔」あらすじと感想 ド根性オンナの成長物語

プラダを着た悪魔

映画「プラダを着た悪魔」は2006年公開の映画。
主演はメリル・ストリープとアン・ハサウェイ。

Story

ジャーナリスト志望のアンドレア(アン・ハサウェイ)。
アンドレアは頭はいいが、ファッションには無関心。

にも関わらず、面接に唯一合格したのはファッション誌の編集部。
しかも、ファッション業界においてカリスマ的な力を持ち、超サディスティックなミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントとして雇われる。

アンドレは、日々、ミランダの厳しい指示に右往左往し、休日も携帯電話を通じて仕事の命令を受けていた。

それでもアンドレアは、「ミランダの下で1年頑張れば、どんな雑誌社も雇ってくれる」という言葉を信じ耐え続ける。
アンドレアの努力により、徐々にミランダに認められていく。

しかし、その分、アンドレアの恋人や友人は、アンドレアから離れていくのだった。
アンドレアはミランダのことを心底からは憎めないでいたが、やはり自分の目指すものとの違いから、遂に袂を分かつ。

アンドレアが他誌の面接に行くと、面接官がミランダから伝言をもらったと告げる。
「アンドレアは今までで最も私を失望させたアシスタントだったが、雇わなかったら、あなたは大バカ者だ。」

千利休の「守破離」

アンドレアは持ち前のド根性でミランダが下す激務をこなしていくが、ある日、ミランダの要求に応えられず叱責される。
何で努力している自分を認めてくれないのかと、上司のナイジェルに泣きつく。

ナイジェルは「お前は言われたことをやっているだけで努力なんかしていない。自分たちが作っている雑誌が、いかに素晴らしいものか理解しようとしていない。甘ったれたことを言うな。」と冷たく突き放す。

それを切っ掛けに、アンドレアはファッションを学び、更にミランダの要求に先回りして応えられるようになっていく。
そして最後にはミランダの下を去っていく。

これは正に千利休のいう「守破離(しゅはり)」そのもの。

守破離の「守」は、基本を身に付け「型を守る」段階。
「破」は、身に付けた基本から自分なりにアレンジする「型を破る」段階。
「離」は、字のごとく「型から離れて自在になる」段階。

この三つの段階を経由して人は成長していくと利休はいう。

そして最も大事で、辛い段階は「守」。
これは仕事だけでなく、スポーツでも、趣味でも当てはまる。

私も柔道を習っていた頃、最初の数か月は全く人を投げる感覚が分からなかったが、何度も「打ち込み」という名の反復練習を繰り返すうちにコツをつかみ、投げられるようになっていった。

アンドレアも何とか歯を食いしばって「守」の段階をクリアしたからこそ、大きく成長したのだった。

最近は、すぐに仕事をやめる若者が多いと聞くが、是非この映画を観て、「守」だけでもクリアして欲しいと思う。

ちなみに、この映画で爆笑してしまったのが、アンドレアとナイジェルの雑談シーン。
アンドレアが、
「…ごめんなさい、最近忙しくて。私生活の方も危うい感じで。」
するとナイジェルが、
「歓迎するよ。仕事が上達すると皆そうなる。生活が全部崩壊したら教えてくれ。昇進する時期だ。」
現実も、そんなものかも。。。

“映画「プラダを着た悪魔」あらすじと感想 ド根性オンナの成長物語” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です