日本の病床数は人口比で世界で一番多いのに医療崩壊な不思議

【人生初単身赴任生活242日目】令和3年1月20日
 朝、ジムでエアロバイク。
 何故か鼻の奥が痛くなって、途中でやめて、早めにシャワー。

 ジャーナリストの須田慎一郎さんが、Youtubeで新型コロナによる医療崩壊を分かりやすく説明していた。

 日本の病床数は人口比で世界で一番多いにも関わらず、何故、日本医師会は医療崩壊などというのか。

 それは日本の民間病院がコロナ患者を受け入れていないから。
 受け入れてクラスターでも発生したら、病院に患者がこなくなるから。

 医者が医者の使命を果たしていないわけだ。。。
 そこで政府は法令を改正して、受け入れるよう勧告を発出できるようにし、受け入れない病院は病院名を公表するという。

 野党は反対しているようだが、野党は弱者の味方なんじゃないの?と皮肉の一つでも言ってやりたい。
 もちろん民間病院の人の気持ちもわかる。

 ちょっとでも院内感染があったら、たちまちマスコミに血祭りに上げられる。
 日本はマスコミの日々洗脳され、国民総出で自傷行為をしている。
 ドMなのか。

 自傷行為はやめるべきだというと、変人扱いされる。
 しかし、変人扱いする人は、自分の頭で考えない人たち。

 これだけ世間が騒ぎに騒いでいるのに、自分で情報を取りにいかない人たち。
 トイレットペーパーがなくなるというデマに簡単に流される人たち。
 デマゴーグのデマに追従する人たち。

 そういう人たちと口をきく気にもなれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です