映画 キネマの神様 あらすじ&感想 山田監督の魅力が詰まった傑作!

キネマの神様

映画「キネマの神様」は松竹映画100周年記念作品。
監督は「男はつらいよ」の山田洋次。

主演は志村けん。
志村氏にとては初主演映画。

のはずだったが、ご存知のとおり志村氏は新型コロナウィルスにより急逝。
沢田研二が代役を務めることとなった。
また、主役の「ゴウ(沢田研二)」の青年時代を菅田将暉が演じる。

あらすじ(ネタバレ)

キネマの神様

円山ゴウはギャンブルを生き甲斐とするおじいちゃん。
ゴウは借金までするようになり、困り果てる妻の淑子(よしこ(宮本信子))と娘の歩(あゆみ(寺島しのぶ))。

歩はゴウ自身により借金を返させるため、ゴウからキャッシュカードを取り上げる。
しかし、唯一、映画観賞だけは許した。
ゴウは青年の頃、撮影所で助監督をしていたほど映画好きだった。

ゴウが助監督をしている頃、撮影所の近くに若き日の淑子を看板娘としていた食堂があった。
ゴウはその食堂の常連。

淑子は撮影所へ出前の配達もしていた。
淑子が配達をしていときに、ゴウの盟友で映写技師の寺林新太郎(テラシン)と出会う。

テラシンは淑子に恋をする。
それを知ったゴウはテラシンと淑子の仲を取り持つが、淑子はテラシンではなくゴウを愛していた。

そんなとき、ゴウは自分が書いたシナリオ「キネマの神様」で初監督をすることになる。
過度に緊張し、フラフラになりながら撮影所に入るゴウ。

それでも自分の信念に基づく撮影をしようと、ベテランカメラマンと衝突。
カメラマンと口論中に、高所から落ちてケガをするゴウ。

そのショックでゴウは辞表を提出。
田舎に帰るという。

淑子は周囲の反対を押し切り、ゴウを追いかけていく。
その後、ゴウ・淑子は結婚し、テラシンと会うことはなかった。

キネマの神様

時は流れ、老父夫婦となったゴウと淑子。
ある日、淑子が街の小さな映画館のアルバイト募集に応募すると、そこの館長はテラシンであった。
ゴウ・淑子夫婦とテラシンは奇跡の再会をする。

淑子と歩は自堕落なゴウをなんとかしようとしていたが、ゴウは家を飛び出してしまう。
その後、ゴウは家の裏側にある歩の息子である勇太の部屋からこっそり帰ってくる。

そこで勇太はゴウが若き日に書いたシナリオ「キネマの神様」を絶賛。
これを現代風に書き直して、脚本賞に応募しようとゴウに提案する。

そこからゴウと勇太の協同作業が始まる。
応募の結果、最優秀に選ばれる。

調子に乗ったゴウは泥酔し過ぎて体調を崩し、入院。
授賞式には歩が代わりに出ることとなった。

授賞式当日、歩はゴウから前日にもらった手紙を代読。
その手紙は受賞の言葉ではなく、家族に向けた謝罪の言葉であった。

見舞いに来てくれたテラシンに「淑子はお前と一緒になるべきだった。俺は幸せだったが、淑子を幸せには出来なかった。」と語る。
「お前の幸せが淑子ちゃんの幸せだ。」と返すテラシンだった。

山田洋次監督映画の魅力

山田洋次

本作品は、山田洋次監督らしい、笑いあり、涙ありの傑作。
内容も松竹映画100周年記念作品にピッタリ。

脚本も山田監督であるが、とても89歳が作った作品とは思えない。
冒頭から最後まで全く飽きさせず、「山田監督衰えたな」なんて感じさせるところが一つもない。

人生100年時代が本当なら、山田監督は残り11年もある。
まだまだ観たい山田監督作品。

山田監督映画の面白さは人間の美しさと弱さをストレートに描くところ。
更に時代の反映を強く意識している。
映画は「記録」としての価値もあるのだ。

もっと言えば山田監督作品は「日本人が作る日本人のための映画」としての魅力がある。
確かに映画の面白さ位は国境を超える。

しかし、その国の歴史・文化・流行を分かっていないと理解できない場面もあり、そしてそこが一番面白かったりする。

誤解を恐れずに言えば、映画とは土着のものだ。
その諦観を山田監督作品には感じるし、私にとっての山田監督作品の魅力はそこにある。

変に世界を意識した作品を山田監督には撮って欲しくない。
本作品も、日本人が一番良さが分かる作品に仕上がっている。

山田監督の魅力を知りたい方は是非ご覧あれ。
おすすめです。

ただ、志村けん主演バージョンも観たかった…。
ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です