アメリカ人は噂通り全員が5時に退社するらしい

【人生初単身赴任生活297日目】令和3年3月17日
 朝、ジムで筋トレ。
 エアロバイクに乗りながら、樺沢紫苑先生の新刊「3つの幸福」の電子書籍を購入。

 第一章まで読む。
 昨日の投稿でも書いたとおり、幸福を3つの脳内物質から考える。

 「心と体の健康」としての幸福⇒セロトニン。
 「愛・つながり」としての幸福⇒オキシトシン。
 「成功・お金」としての幸福⇒ドーパミン。

 これには順番があって、セロトニンが最も重要な基礎。その上にオキシトシンがあり、更にその上にドーパミンがくる。

 樺沢先生によると、既にアメリカ人はこれを体現しているとのこと。
 樺沢先生はアメリカで勤務されていたこともあったらしいのだが、アメリカ人は噂通り全員が5時に退社するらしい。

 そこで樺沢先生は5時に帰って何をしているのか尋ねると、「家族と一緒にご飯を食べるに決まっているじゃない」と笑われたらしい。

 働き過ぎないことで自分を大切にし、そして家族を大切にし、その上で仕事を頑張る。

 一方日本では、夕飯にお父さんがいる家庭がどれだけあるのだろうか。
 過半数に達しないのは間違いないだろう。

 ゼロに近くても驚きはない。
 日本人の幸福度は先進国の中でも最低。

 「働き方改革」などといっているが、これが本当に実現するのは30年後くらいかなぁ。
 とりあえず「3つの幸福」を読むところから始めよう。
3つの幸福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です