Kindle paper whiteを8年使って分かった電子書籍の6つの利点 紙の本より電子書籍が最強

私は2012年に電子インクを使った電子書籍リーダーを買いました。
初代のKindle Paperwhiteです。

2020年の今も買い換えることなく初代のKindle Paperwhiteを使い続けています。
そして今や紙の本を買うことはほとんどなく、本=電子書籍とまで思うようになりました。

今回は8年間使い続けた私が心から思う電子書籍リーダーの利点を7つご紹介します。
(電子インクを使った電子書籍リーダーを使うことを前提とします。)

  1. 眼が疲れない
  2. 軽い
  3. 紙の本より安い
  4. 本を置く場所がいらない
  5. 光が反射しない
  6. 超省電力

それぞれ詳しく紹介します。

【電子書籍の利点】

紙の本と電子書籍

①眼が疲れない

初めて電子インクを見たときの衝撃は忘れられません。
パソコン、スマホとは全く違った見え方。
紙のよう。
スマホと違ってブルーライトもないため眼にやさしいことが実感できます。

ブルーライトは人を覚醒させる効果があります。
スマホやパソコン画面はブルーライトを発しますので、夜に使うと睡眠に悪い影響を与えます。
夜は電子書籍リーダーで本を読むことをおすすめします。

②軽い

電子書籍リーダーは本を読むことに特化し、余計な機能がないため異常に軽いです。
片手で長時間持っていても疲れません。
本をめくる必要もないので満員電車の中でも読むことができます。

③紙の本より安い

電子書籍は紙の本より安いことがほとんどです。
100~500円、中には700円くらい安いものもあります。
アマゾンでは常にセールをやっており、1,500円の本が500円で買えることさえあります。

④本を置く場所がいらない

本をたくさん読むと困るのが置き場所です。
電子書籍で買っていれば問題なし。
電子書籍リーダーの中には何千冊の本が入りますし、クラウドも含めれば無限です。
そして、その無限の数の本をどこにでも持っていけるのです。

⑤光が反射しない

電子書籍をタブレットで読むこともありますが、困るのが光の反射。
電子書籍リーダーでは電灯の下や屋外の明るいところでも、紙の本と同様に読むことができます。

⑥超省電力

電子インクは一度画面に表示させると、その後に電気を使う必要がないため超省電力です。
一度充電すると何週間もそのまま使い続けることが可能です。
使い始めの頃は永久エネルギーかと思ってしまいました。


電子書籍の利点に加えて、Kindle Paperwhiteの利点もご紹介します。

【Kindle Paperwhiteの利点】

キンドル横

①下線を引いたところを一覧にしてくれる

Kindle Paperwhiteでは気になったところをドラッグして下線を引くことができます。
そして、その下線の箇所を一覧にしてくれる機能があります。
更に各下線の箇所にジャンプする機能もあります。

私は本を読み終わると本の概要をまとめ、フェイスブックやブログで紹介することがあります。
概要をまとめるにおいては、この下線を一覧で見ることができる機能は最高です。
また、読みかえすときにも大変便利です。

②壊れない

冒頭にも書きましたが、私は初代のKindle Paperwhiteを8年間使い続けていますが今でも問題なく動きます。
シンプル設計の影響か、Kindle Paperwhiteは非常にタフなツールです。

③PC・スマホ・タブレットと同期している

Kindle PaperwhiteはアマゾンのIDで連携し、読み途中の本を電子リーダー以外の「パソコン、スマホ、タブレット」で見ても読み終えたところから表示してくれます。
Kindle Paperwhiteを忘れても本の続きを読むことができます。
もちろん自分で引いた下線も引き継がれます。

④辞書機能がある

読んでいて難しい単語が出てきても、そこを長押しすれば、すぐに意味を教えてくれる辞書機能が付いています。
辞書だけでなくWikipediaの結果も表示できます。

⑤Kindle unlimited

多読の方のほとんどが本は全部読まないといいます。
その本の読みたいところだけ、又は、エッセンス部分だけ読む。
しかし、2千円近く払って読み飛ばすのには勇気が入ります。

しかし、アマゾンのKindle unlimitedという読み放題サービスを使って、好きなところだけ読んで終わりにすればいいのです。

Kindle unlimitedは月額約千円
ビジネス書は1冊1,500~2,000円くらいしますが、何冊読んでも月額千円
利用しない手はありません。

人生には何度も読み返す本がありますが、そう多くはありません。
何度も読み返すものだけ、紙の本を買えばいいのです。


最新のKindle Paperwhiteは防水です。
お風呂に入りながら読むことが可能です。

読書は「した方がいい」ものではなく、「しなければならない」ものです。
何故なら人間は言葉の動物だからです。

是非、皆さんもKindle Paperwhiteを購入して、たくさん本を読んで自己成長してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です