映画「ミッドナイトスワン」あらすじと感想 踏み出す勇気が幸せをもたらす!

ミッドナイトスワン

「ミッドナイトスワン」は2020年9月25日公開。
主演は元スマップの草彅剛。
監督は「全裸監督」の内田英治さん。

Story

幼少の頃からトランスジェンダーとしての悩みを抱えて生きる凪沙(なぎさ)(草彅剛)。
凪沙の出身は広島だが、今は東京のニューハーフの店で働く。

あるとき、凪沙に凪沙の母親から親戚の女子中学生である一果(いちか)を預かるよう依頼される。
一果は母子家庭で育つも、母親がだらしなく、ほとんどネグレクトであった。

凪沙は養育費を目当てに短期間だけ預かることを了承するが、一果と関りを持とうとしない。
一果も、ネグレクトの影響か、凪沙だけでなく、他人と話そうとしない状態。
また、隠れて自分の腕を噛む自傷行為をしていた。

ある日、一果は、学校帰りにバレエの教室を見かける。
外から見ている一果を教室の先生が見つけ、一果は逃げ出すも、先生は体験教室のチラシを一果に渡す。
後日、一果は教室に現れ、レッスンを受ける。

一果は続けたかったが、教室に払うお金がないため、教室で知り合った友達の紹介で違法なアルバイトに手を出す。
しかし、そのアルバイト先で一果がトラブルを起こし、凪沙にバレエとアルバイトをしていることがバレてしまう。

凪沙は一果に事情を説明するよう問い詰めると、一果は発狂し、自分の腕を噛みだす。
凪沙は一果も、自分と同様に心に闇を抱えていることを知り、徐々に一果を育てる決意を固めていく。

現状から抜け出す勇気

劇中、やたらと凪沙(草彅剛)の顔のアップがあるが、これがホントに気持ち悪いんです。
特に凪沙が部屋で鼻水を流しながら自分の運命を嘆くシーンは、観ている方も泣けてくるくらい気持ち悪い。

だからこそ、LGBTの辛さが浮き立つ。
何故、私だけ体が男なんだ…。

この凪沙の孤独の苦しみは一果にも言えます。
何故、私は父親が無く、こんなだらしない母親の下に生まれたのか。

しかし、一果は悲劇の運命にとらわれ続けることなく、バレエという世界へ、勇気を振り絞って一歩を踏み出します。
そのことにより、一果の人生は輝きだし、凪沙も勇気づけられていき、様々なことが徐々に好転し始めます。
そして、凪沙と一果の疑似親子は、遂に本当の親子になっていくのでした。

ラストは一果が舞台でバレエを踊るシーンで終わるのですが、一果の成長と踊りの素晴らしさに、思わず「ブラボー!」と叫びたくなります。

LGBTや、ネグレクトの問題を扱っているにも関わらず、後味は悪くありません。
しかも冒頭から最後まで、次の展開にドキドキして飽きさせない。

心揺さぶられること間違いなし。
超おすすめです。
今、一番観るべき映画だと思います。

“映画「ミッドナイトスワン」あらすじと感想 踏み出す勇気が幸せをもたらす!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です