森会長たたきより問題は北京オリンピック

【人生初単身赴任生活265日目】令和3年2月12日
 朝、8時の新幹線に乗って帰宅。
 新幹線の中でFBを書くつもりだったのだが、モバイルキーボードを忘れたことに気付く。

 仕方が無いので最寄り駅の漫画喫茶で更新。
 ギリギリ新幹線には間に合った。

 風邪気味なのか、乗り物酔いなのか、気分が悪い。
 13時頃には部屋にたどり着いたが、気分が悪いままだったので、そのまま昼寝。

 夕方起きて、ガンプラ(ザクⅠ)塗装の続き。
 ついでに、アッガイも一部塗装。
 塗装って楽しい。

 塗装も楽しいが、撮影もしなくちゃならないし、まだまだ作りたいものはたくさんあるし、時間が足りない。

 仕事をしている場合ではなくなってきた。。。
 関係ないが、先日言及した森喜朗オリンピック組織委員会会長が辞任した。

 これに産経新聞論説委員の阿比留 瑠比(あびる るい)さんが怒っているというか、呆れている。

 月刊willと月刊正論のYoutube番組に阿比留さんが出演されいる動画を拝見。
 産経新聞の名物コーナー「極言御免」(毎週木曜日連載)にも書かれていた。

 阿比留さん曰く、一連の森会長たたきは、完全にイジメ。
 謝罪会見をしたにもかかわらず、このイジメは続く。

 自民党政権へ打撃という左翼連中の裏の意図が丸見え。
 以前にも書いたが、森会長の発言は、かなり悪くとってもグレーで、普通に読めば女性擁護の発言。

 オリンピックということで言えば、次の冬季五輪は北京。
 中国共産党が、ウイグルに、チベットに、香港に、台湾に、どれだけのことをした。

 女性差別どころではない。
 大量虐殺だ。

 そんな国がオリンピックを開催できるのに、何故、森会長が辞めなくてはならないのか。

 理由はこの国が狂っているから。
 何とか正気を保って生きてゆきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です