選択的夫婦別姓制度より婿入りのススメ

【人生初単身赴任生活305日目】令和3年3月25日
 昨晩、腹痛で良く眠れず。
 ジムは休む。

 帰宅後、すぐに眠ればいいのに、Facebookからブログへの記事の移行作業。
 相変わらず大変。

 でも、3月10日まで終わった。
 なんとか週末までに全てを終わらせたい。

 そういえば丸川珠代議員が、選択的夫婦別姓制度に反対して叩かれている。

 丸川議員の意見に反対したり、反論したりするのは結構だが、
人格否定するような発言はありえない。

 リベラルの方々は、「リベラル」の意味のとおり、自由で、多様性を認める立場のはずなのに、実は自分たちと違う意見を全く受け入れないというのが笑ってしまう。
 選択的夫婦別姓制度の是非の判断は難しい。

 ただ、結婚すると、ほとんどの女性が男性側の姓にするという慣習を改める方が先かもしれない。

 「婿入り」と「婿養子」は別物で、別に養子にならずとも、女性側の姓で婚姻届けを出せばいいだけ。

 意外と強制的に男性側の姓にしなければならないと思っている人も多い。
 少なくとも、結婚する際、男性側の姓にすることが当たり前になっている。
 この状況を改善する提案もあっていい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です