樺沢紫苑著「いい緊張は能力を2倍にする」 緊張をプラスに変える!

いい緊張は能力を2倍にする

「いい緊張は能力を2倍にする」の著者である精神科医の樺沢紫苑先生は学生の頃、緊張するタイプで、人前で話をするのは得意ではなかったらしい。
しかし、今では平気で1万人の前で講演をこなすという。

私も緊張するタイプ。
私の場合、仕事で人前で話すこともたくさんあったため、慣れてきたといえば慣れてきたのだが、全く緊張しないという域には達していない。

樺沢先生によると、適度な緊張は能力を高めるという。
ただし、これが過度になると逆に能力は下がる。
この過緊張を適度にする様々な具体的な方法が、この本には書かれている。

ポイントは次のとおり。

深呼吸

鼻から息を吸う(5秒)
10秒かけて口から息を吐く(10秒)
さらに5秒かけて、肺にある空気を全て吐ききる(5秒)
一番重要なのは全て息を吐ききること。

ゆっくり話す

「早口」は緊張のアクセルであり、「ゆっくりしゃべる」は緊張のブレーキ。

プレゼン開始時の笑顔

「第一声を、満面の笑みで『みなさん、こんにちは』と言う」そこだけに集中。そうすると、不安も雑念も消えてなくなる。

予行演習

必ず予行演習を行う。過緊張しやすい人ほど、予行演習をしない。「スライド作り」「資料作り」というのは、建築でいうところの「基礎工事」にすぎない。

いい聞かせ

過度の不安が生じたときに、「大丈夫、大丈夫」と声に出して言うだけで、扁桃体の興奮を抑制し、不安は軽減。

楽しむ

「すごく楽しい」というポジティブな感情は。「すごく緊張している」というネガティブな感情を緩和させる。

我欲を捨てる

「自分をよく見せたいと」いう気持ちを、捨て去ることができれば緊張しない。
「フォーミー」から「フォーユー」へ。

「見られている」から「見ている」への変換

アイコンタクトをしっかりと行っていれば、「100人の人に見られている」のではなく、「(自分が)100人の人を見ている」という心境になる。

感謝する

過緊張しないためのマインドチェンジ術で「最も重要な方法を一つだけ言え」と言われたなら、それは「感謝する」こと。

目的を意識する

緊張する場面に立つ時、あなたはまず自分の「目的」を考えるべき。緊張しやすい人ほど、その目的と直接関係ない部分で不安になり、心配を強め、自ら緊張を呼び寄せている場合がほとんど。

堂々と答える

質疑応答で最も重要なこと。それは、「質問に正しく答える」「質問に適切に答える」ことではなく、「堂々と答える」ことが、最も大切。

緊張しいの人には、かなりお勧めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です