自分の感情を脳内物質で考える重要性

【人生初単身赴任生活298日目】令和3年3月18日
 朝、ジムで運動。
 エアロバイクに乗りながら「3つの幸福」の第2章を読む。

 2章ではセロトニン、オキシトシン、ドーパミンが分泌された状態若しくは分泌されていない状態を説明。

 やっぱり一番重要なのはセロトニン。
 うつ病というのはセロトニンが低下した状態。

 セロトニンが低下すると「キレやすく」「自殺衝動が起きる」「不安が増加する」。

 読んでいくと、私はセロトニンが低下している気がする。。。
 そして、これに近い状態にある人はたくさんいるだろう。

 それではセロトニンは分泌させるにはどうすればいいか。
 それはまた別の章のお楽しみ。

 それにしても、こうして自分の感情を脳内物質で考えるというのは重要。
 自分がイライラしたり、落ち込んだりしても、単にセロトニンが足りていないだけだと考えると、少しは気が楽になる。

 あの人が悪い、会社が悪い、国が悪い、親が悪い、努力不足の自分が悪いなどとして気分が悪くなっても、それは単に必要な脳内物質が分泌されないだけ。

 だったら、分泌させればいい。
 幸せになりたい人は是非一読を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です