映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」あらすじ&感想 “復讐エンターテイメント”に偽りなし!

プロミシングヤングウーマン

プロミシング・ヤング・ウーマン(promising young woman)とは日本語で「前途有望な若い女性」という意味。
2021年のアカデミー脚本賞を受賞。
監督は女優で脚本家でもあるエメラルド・フェネル。
フェネルの長編映画デビュー作ともなった。

Story(ネタバレ)

プロミシングヤングウーマン

カサンドラ(キャシー)は、学生の頃、親友ニーナとともに医大を中退し、今はカフェの店員。
キャシーは、夜ごとバーに行き、泥酔したフリをして男たちを誘う。
ベッドで男が体を求めてきたところで、キャシーはシラフに戻り、男たちに恥をかかせていた。

このキャシーの行動は、女を性欲を満たす対象としかみない男たちへの復讐であった。
キャシーの親友ニーナは、医大生時代に酔ったところを同級生のアルにアルの友人たちの前でレイプされた。

ニーナは学校や裁判に訴えたが、誰にも信用されず、遂に自殺してしまった。
キャシーは、親友の死にショックを受けて医大を中退したのだった。
キャシーはバーの男たちだけでなく、事件当時の関係者に復讐を果たしていく。

ある日、キャシーが働くカフェに医大の同級生ライアンが現れる。
ライアンはキャシーに恋をし、徐々にキャシーもライアンを受け入れていく。
ライアンとの恋愛により、復讐を止めるキャシー。

ところが、ニーナがレイプされている周辺にライアンがいたことを示す動画をキャシーが入手。
再び復讐の鬼となるキャシー。

ニーナをレイプしたアルの結婚式前のパーティーにキャシーは乗り込むが、逆にアルに殺されてししまう。
しかしキャシーは、自分が殺されることも想定し、失踪した場合の居場所を弁護士に手紙で連絡していた。

アルの結婚式当日、警察が現れ、アルを逮捕。
結婚式に出席していたライアンのスマホに、キャシーから、「終わっていない。これからだ。」との予約メッセージが届くところで物語は終わる。

サスペンスというよりエンターテインメント

プロミシングヤングウーマン

冒頭から終わりまで緊張感が途切れない素晴らしい作品。
緊張が続きつつ、最後には主人公キャシーの捨て身の復讐が成就し、スカッとした後味。
サスペンスホラーというより、映画のキャッチコピーでもある「復讐エンターテインメント」がピッタリ。

「女を泥酔させ、体をむさぼり、女は泣き寝入り」という事態が欧米では横行している(日本でも?)らしく、啓発的な作品にも仕上がっている。

ただし、途中から展開が読めるので、キャシーの死んでからの復讐劇を長くするか、最後の最後に大どんでん返しがあると、もう少し楽しかったのだが。

世間的には注目されている作品ではないが、お勧めできる映画と言って間違いない。
フェネル監督の次回作にも期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です