映画「哀愁しんでれら」あらすじ&感想

【人生初単身赴任生活266日目】令和3年2月13日
 朝、塗装したザクとアッガイを組み立て。
 組み立ててみると、塗り残しを発見。

 仕方なく塗装。
 乾燥時間を利用して歯医者。

 単に詰めていたものが取れただけだと思っていたのだが、実際は虫歯が大きくなって歯が欠けたらしい。。。

 歯医者後、ジムで筋トレ。

 ジムを出て、そのまま映画館に行き「哀愁しんでれら」を鑑賞。
 土屋太鳳主演。

【あらすじ】
 児童相談所に勤める小春(土屋太鳳)。
 自転車屋を営む実家で質素な暮らしをしていた。

 また、小春の母親は小春が幼い頃に家を出ていき、小春のトラウマとなっていた。
 ある日、実家が火事になり、彼氏の家に向かうと他の女と寝ているところを見てしまう。

 どん底の気分の中町を歩いていると、線路の中で泥酔して横たわっている男と出くわす。
 小春は、その男を電車にひかれる寸前のところで助ける。

 男の名は大悟といい小学生の娘を持つ開業医であった。
 いつしか二人は結婚することとなり、不幸のどん底にいた小春とっては正にシンデレラのようであった。

 当初幸せな結婚生活を送っていたが、大悟の娘のヒカリが、異常な赤ちゃん返りをみせる。
 ヒカリは激しい甘えと反抗を小春に見せる。

 また、大悟は、あるがままの自分を受け入れてもらえず、表面上の幸せだけがある家庭に育ったため、女性の愛に偏執的な執着を持っていることが次第に分かっていく。

 大悟も、ヒカリも、真の愛情を受けずに育ったためか、異常性を持ち、その狂気の世界に小春も引きずり込まれていくことになっていく。


 前半はしょうもない恋物語。
 後半は突然にサイコサスペンスになっていく。

 大悟とヒカリのキャラクターが前半と後半で全く違うものとなっており、キャラクターとしての統一感がない。

 小春が、大悟とヒカリの狂気に染まっていくのも理解不能。不自然。
 最後はヒカリのワガママを聞いて、小学生を皆殺しにしてしまうという、なんとも後味の悪い駄作。

 映画のタイトルのとおり、シンデレラ若しくはシンデレラのような人生を歩んでも、その後は必ずしも幸せではない、ということがこの映画のテーマらしい。

 でも、ミッドナイトスワン、万引き家族などように、血がつながっていなくても、愛情がない家族に育っても、人は家族以上の強い絆を育むことができる!ということが、今求められているテーマではないのか。

 小学生が大量に死ぬシーンで終わるこの映画は、ただの悪趣味以外の何物でもない。
 夜、ザクⅠの撮影。

 黒背景の撮影は露出が難しい。
 作りたいプラモはまだまだあるが、我慢して撮影にかける時間を多くしていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です