映画「スタントウーマン」

【人生初単身赴任生活232日目】令和3年1月10日
 午前中、昨日買ったガンプラ「ギャン」の塗装。
 今回はプラ板から切り取る前にスプレー塗装。

 薄紫のところメタリックレッドに。
 青のところをシルバーに。

 昼飯後、ジムで運動。
 腰が痛いのは治ったが、今度は右のお尻の筋肉と右膝の外側が痛い。
 腰をかばって変な歩き方をしていた影響だろうか。。。

 ジムを出て、そのまま映画館へ行き「スタントウーマン」を鑑賞。
 映画史に残る数かすのアクションシーンを支え、支えてきたスタントウーマン達のドキュメント映画。

 現在活躍するスタントウーマンよりも、創成期に活躍した女性のインタビューが多い。
 創成期は「女にスタントができるか」という偏見の中で戦ってきたらしい。

 印象に残ったのがジーニー・エッパーの涙。
 ジーニーは70年代に活躍したスタントウーマン。
 人気テレビドラマ「ワンダーウーマン」や「チャーリーズエンジェル」でスタントを務めた。

 1941年生まれで、現在、70代の後半。
 それでもジーニーは、またスタントをやりたいと言う。
 でも、出来ない。
 そう言って涙する彼女。

 それほどまでにスタントいう仕事に誇りと情熱があるのだろう。
 素晴らしい人生だ。

 日本もスタントウーマンを育てたら、面白い映画ができるのかも。
 3.5点。

 部屋に帰ってから、塗装したギャンの組み立て。
 当然、切り取ったところは塗装されていない。
 その部分の塗装は明日。
 撮影が楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です