映画「鍵泥棒のメソッド」あらすじと感想 ラブコメサスペンスのお手本!

2012年公開。
監督は内田けんじ。
主演は堺雅人・香川照之・広末涼子。
レビュー評価が高かったので選んだのだが、確かに面白い。
久々のホームラン映画。

鍵泥棒のメソッド

Story

雑誌編集長の水嶋香苗(広末涼子)。
香苗の父が不治の病にかかり、香苗は父が生きているうちに結婚することを決意。
会社で結婚相手を見つけて欲しいと部下達に宣言する。

桜井武史(堺雅人)は売れない貧乏役者。
桜井は女にフラれたことを切っ掛けに自殺を図るも失敗。
呆然としながら財布から残金を出して確認していると、その中に入浴券を見つけ銭湯に行く。

プロの殺し屋である山崎信一郎(香川照之)は、ある会社社長を殺害し、帰路の途中、渋滞に巻き込まれる。
殺した際の返り血が腕に残っていたため、渋滞を離れ銭湯に向かう。
山崎が浴場に入ろうとした瞬間、石鹸で滑り、頭を売って意識不明となる。
それを目撃した桜井は、密かに自分と山崎のロッカーの鍵を取り替えて、山崎の荷物を盗んで銭湯を立ち去る。

桜井は山崎の金で借金を返し、山崎の自宅に侵入。
桜井は山崎の自宅で山崎が殺し屋であることを知るも、ヤクザからの電話に出てしまい、追加の殺人依頼を受けてしまう。

山崎は病院で目覚めると記憶を失っており、持ち物から自分が桜井であると認識する。
自分を取り戻すため、役者の仕事(エキストラ)をするうちに演技の面白さに目覚め、演技の勉強を始めるなど前向きに生きていく。
また、父の見舞いに来ていた香苗と病院で知り合いにあり、互いに惹かれあっていく。
ところが、山崎は、ある曲を聞いた途端に記憶を取り戻し、自宅に戻ると桜井がヤクザから追われていることを知り、今後も山崎が桜井の人生を生きることを条件に桜井を助ける計画を立てていく。

 

家族で見るのに最適!

基本的にはラブコメ映画なのだが、サスペンス的な要素もあり、ドキドキ・ワクワクの連続。
wikipedeia情報によると、内田監督は「分かりやすさ」をかなり重視しているらしい。
確かに本映画も分かりやすい。
これは漫画でも小説でも同じだと思うが、主要人物が少ないことが「分かりやすさ」の重要なポイント。
脚本も見事で、様々な伏線があり、後半に思わずニンマリすること間違いなし。
(日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞)
特にラストシーンには、やられた!
そう来るか!
やるなお主!

外出自粛で、憂鬱になっているところ、家族で見るには最適。
エロも・グロもなく、小さいお子さんから大人まで、最初から最後まで笑って、ハラハラできるラブコメサスペンス(そんなジャンルあるのか!?)のお手本。
超おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です