令和版ウルトラマンのプラモデル

【人生初単身赴任生活300日目】令和3年3月20日
 朝からプラモデルの組み立て。
 先週末に塗装して1週間風呂場で乾かした。

 今回組み立てたプラモデルはウルトラマン。
 ウルトラマンといっても1970年代のものではなく、令和(平成?)版。

 ネットフリックスでアニメ化されているもの。
 どうやらウルトラマンが地球から去った後の物語。

 令和版は「ウルトラマンスーツ」なるものを人間が着て宇宙人と戦う。
 何故にウルトラマンかというと、今回買ったウルトラマンは日本刀が武器。

 腰に鞘もぶらさげるのだが、これがかっちょいい。
 組みあがったウルトラマンは美しいの一言。

 これまで千円から二千円弱くらいのガンプラを作っていたが、今回は三千円。
 値段だけのことはある。

 一つ残念なのは、想像以上に可動範囲が狭いこと。
 特に脚部。

 これは私にとっては致命的。
 かっこいいけど、もう二度とウルトラマンシリーズを買うことはないでしょう。

 夕方、ジムで運動。
 エアロバイクに乗りながら「3つの幸福」の第3章を読む。

 第3章は幸福の性質。
 幸福の最大の性質は「結果」ではなく「プロセス」であること。

 つまり幸福は未来にはない。
 今ここにある。

 私の場合、今、コーヒーを飲みながら、BGMを流しながら、FBの記事を書き、横には自分で作ったプラモデルが数体。

 これって、超幸せなことである。

 今既にある幸福に気付かない人は、どんなに頑張っても未来にある幻想の幸福を追いかけてしまう。

 しかし、残念なことに、人は今ある幸せを失ったときにしか幸せを実感できない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です