映画「Yesterday」あらすじと感想 社会的な成功と人生の幸福の関係とは!?

アマゾンプライムビデオで映画「Yesterday」を鑑賞。
2019年公開のイギリス映画。
映画館で観るつもりだったんだけど、ついつい見逃しちゃったシリーズ。

Story

yesterdayyoko

売れないソロミュージシャンのジャック。
そして中学校で数学の教師をやりながらジャックのマネージャーをする幼なじみのエル。

ジャックが引退を決意した日の夜、12秒間、世界中で謎の停電が発生。
その時、自転車に乗っていたジャックは、街灯が消えた影響でトラックにはねられ、意識を失い、病院へ搬送される。

命に別状はなく、退院。
退院祝いにジャックの友達とエルから新しいギターをもらう。

そこで、ジャックは、そのギターを使ってビートルズの「Yesterday」を歌う。
あまりの曲の素晴らしさに驚く一同。
皆が驚いていることに驚くジャック。

あるときジャックは世界からビートルズが消えていることに気付く。
その後、ジャックはビートルズの曲を自分の曲として売り出し、徐々にビッグスターになっていく。

しかし、ジャックは売れれば売れるほど、良心の呵責を覚える。
ある日、ジャックはジョン・レノンの住まいを知ることとなり、会いに行く。

ご存知のとおり、現実のジョン・レノンは40歳のときに殺されているが、ビートルズが無い世界でのジョンは、海辺の小さな家で一人暮らしをしている。

ジャックはジョンに幸せか尋ねると、裕福ではなく、色々あったが、愛する女性とともに人生を歩めて幸せな人生だったと答える。

また、ジョンは幸せになる秘訣は「愛する女性に愛を伝え、ウソをつかない人生を送ることだ」と告げる。

それを聞いたジャックは決意を固め、後日、大観衆の前で自分が歌ってきた曲は自分の作った作品ではないことを告白する。

更に、ステージ場から今まで幼なじみとしか見てこなかったエルに愛を伝える。

 

社会的な成功と人生の幸福

yesterday2yoko

本作品の山場は、何といってもジャックがジョン・レノンを訪ねるシーン。
短いシーンですが、ジョン・レノンのセリフは忘れられません。

社会的な成功と人生の幸せは必ずしも比例関係にあるわけではありません。
給料が倍になっても幸せが半分になることもあります。
その逆もあります。

本作品は、そいう当たり前のことを改めて気づかせてくれます。

人生で忘れがちな重要なことをテーマにして観客に訴えることこそ映画を作り、観ることの本質だと思います。
こういう良作をもっともっともっとたくさん観たいものです。

ちなみに個人的な感想ですが、もう一つの山場は、ジャックが何気にYesterdayを歌うシーン。
思わずジーンときて、あとでビートルズのベストアルバムを聴こうと決意しました。
いい曲は世代を超えます。

ビートルズは私が生まれる5年前に解散していますが、私の世代でもクラスに一人はビートルズファンがいましたし、私の世代の前の人たちはもっといたのでしょう。

私が中学生だったときの音楽の先生もビートルズファンで、授業中に「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」を聞かせてくれました。
中学生の私は、歌詞も、その内容も分からなかったが、聞いたその日は「バック・イン・ザ・U.S.S.R.!」を連呼していた記憶があります。

とにかく、人生に対する様々な気づきが、ちりばめられている本作品。
おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です