映画「八日目の蝉」あらすじ 不倫相手が妊娠の悲劇

映画「八日目の蝉」は2011年公開。
主演は井上真央・永作博美。

八日目の蝉


不倫相手の子供を身ごもってしまう野々宮希和子(永作博美)。
不倫相手からの要望でおろしてしまい、その結果、妊娠できない体になってしまう。

その後、すぐに不倫相手の正妻が妊娠。

出産後、野々宮希和子は、その赤ん坊「恵理菜(井上真央)」を誘拐し、自分の子供として育てていく。
その後、希和子と恵理菜は3年以上の逃亡生活を続けながら母娘の絆を深めていく。

母娘が小豆島で暮らしている際、島の祭りで撮られた写真がフォトコンテストで入賞し、新聞に掲載される。
その写真に希和子と恵理菜が写っていたことを切っ掛けに希和子は逮捕されてしまう。

その後、恵理菜は本当の両親の下で育つも、夫の不倫の影響で愛の無い家族の中で育つ。
恵理菜が成人すると、希和子と同じく不倫し、妊娠してしまう。

そんな中、フリーライターの女が恵理菜に誘拐事件について取材を依頼する。
そのフリーライターとともに、逃亡生活をした小豆島を訪れ、恵理菜は当時の記憶が少しずつ蘇りつつ、自分の本当の気持ちに気付いていく。


もし私が不倫をして、相手の女性が妊娠したらどうするだろうか。
私は子供が大好きなので、おろせとはいわないだろう。

ただ、金銭的に厳しいのは確か。
無責任なセックスはしないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です