映画「Fukushima50」あらすじ&感想 朝日新聞の誤報が描かれていないところが惜しい!

映画「Fukushima50」は、作家でジャーナリストの門田隆将著『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』が原作。 東日本大震災で津波に襲われた福島第一原子力発電所で命を懸けて事故に対応した東電の職員達を描く。 当時の…

新聞を潰したヤフーニュース 巨人Yahoo!の功罪

Newsweekの「巨人Yahoo!の功罪 ~ニュース産業の破壊者か救世主か~」が面白い。 記事を書いたのはフリーライターの石戸諭さん。 記事の前半は、大手新聞社等の配信メディアとヤフーの関係。 後半は、国民的メディアと…

「ルトワックの日本改造論」女は戦う男を愛する!

軍事戦略の研究家であるエドワード・ルトワックの「ルトワックの日本改造論」をご紹介。 序章:戦略思考で日本を救う 第一章:韓国よ、歴史の真実に学べ 第二章:中国封じ込めの時代 第三章:変化する北朝鮮と、その脅威 第四章:自…

樺沢紫苑 著「インプット大全 」アウトプット前提のインプット

精神科医の樺沢紫苑先生が上梓された「インプット大全」は、ベストセラーになった「アウトプット大全」の続編。 「アウトプット大全」も面白かったが、「インプット大全」も面白い。 270ページもあるが、読みやいので、1日で一気に…

「反日種族主義」感想 韓国の嘘を暴く 従軍慰安婦強制連行の事実など無い

韓国でベストセラーになった「反日種族主義」の日本語版が発売。 紙版か、電子版か迷ったが電子版を購入。 ご存じの方も多いと思うが、この本では韓国の気骨ある学者たちが、慰安婦や、いわゆる徴用工問題など、韓国に流布されている日…

樺沢紫苑著「いい緊張は能力を2倍にする」 緊張をプラスに変える!

「いい緊張は能力を2倍にする」の著者である精神科医の樺沢紫苑先生は学生の頃、緊張するタイプで、人前で話をするのは得意ではなかったらしい。 しかし、今では平気で1万人の前で講演をこなすという。 私も緊張するタイプ。 私の場…

樺沢紫苑著「アウトプット大全」 インプットよりアウトプット!

精神科医の樺沢紫苑著。 本の内容はタイトルそのままに、インプットよりアウトプット。 樺沢先生によると、インプットとアウトプットの黄金比は3:7。 主なところをピックアップ。 アウトプットは運動 インプットとアウトプットの…

映画 「天気の子」あらすじ&感想 映像が美しいだけで理解不能なラスト

精神科医の樺沢紫苑先生(ポジティブ日記の提唱者)が映画「天気の子」を観て感動したとのコメントをfacebookに投稿していたので、私も鑑賞することにした。 ちなみに「天気の子」の公開に合わせ、新海誠監督作品がアマゾンプラ…

東京五輪はコロナに負けない! 総力大特集 月刊Hanada8月号

コロナ禍の中で開催する東京五輪の意味と効果は何なのか。 この疑問に答えるのが月刊Hanada8月号の特集「東京五輪はコロナに負けない!」。 特集では様々な識者が東京五輪とコロナに関しレポートしているが、今回は3つほどご紹…

モノクロ写真の撮り方 影を見よう!

写真を趣味にして15年以上経ちます。 モノクロ写真がメイン。 趣味にし始めた頃、既にデジタルカメラがフィルムカメラを凌駕していましたが、ひたすらフィルムで撮影。 そして、自分で現像&焼き付け。 結婚して以来、フィルムでの…